S13最終34位 対面構築ジバノラゴン

f:id:yutopoke2190:20210101052450j:image

終結

 TNりらこぽけ♪

 S13最高レート2128 最終2091 最終34位

f:id:yutopoke2190:20210101122256j:image

シーズン13お疲れ様でした。

この度は3度目の最終2桁を取ることが出来ました。

構築を簡単にまとめましたのでご覧ください。 

 

レンタルパーティーを載せました

このシリーズルールではラストシーズンですが序盤レンタルでお試しされたい方は是非お使いください

f:id:yutopoke2190:20210102003828j:image

 

 

【個体紹介】

エースバーン

性格  陽気 

特性  リベロ

努力値  ×-252-×-×-4-252

持ち物 いのちのたま

技構成 かえんボール

    とびひざげり

    ギガインパクト

    しねんのずつき

エースバーンミラー・陽気カミツルギが抜けられるように最速AS

 

受け回し系統・ドヒドイデ入りの構築(受け系統枠)に基本出す

 

ギガインパクト

環境トップのサンダー対策として採用。

初手ダイマをしてから裏を通すルートが多かった。

アッキのみHBやノーマル半減きのみ・ホズのみを持ったHCSのサンダー以外は基本打ち勝てます。

エースバーン自体のSを上げる技を持たせていないのが欠点。

 

ジバコイル

性格  控えめ

特性  頑丈

努力値  156-×-20-252-4-76

持ち物 こだわりメガネ

技構成 10万ボルト

    ボルトチェンジ

    ラスターカノン

    てっていこうせん

鉢巻すいりゅうれんだ耐える調整のHCS型

 Sはラプラスやピクシーを抜けられるように76振っています。

 

ウオノラゴン

性格  意地っ張り

特性  頑丈顎

努力値 ×-252-4-×-×-252

持ち物 こだわりスカーフ

技構成 エラがみ

    げきりん 

    けたぐり

    ねむる(ねごと)

ねむるまたはねごとはウォールの自由枠。

襷カウンターエースバーンの増加していたためボルチェンなどで繋いでから出す展開が多い。

 

ウオノラゴンの欠点…意地っ張りで採用しているためアーゴヨンや準速ドラパルトも抜けられない点。

ただ有利対面において裏から出てくるポケモンに対して負荷をかけられることから意地っ張りで採用。

 

サンダー

性格  控えめ

特性  静電気

努力値 188-×-×-244-×-76

持ち物 するどい嘴

技構成 ボルトチェンジ

    ぼうふう

    かいでんぱ 

    はねやすめ

素暴風を除いては1番活躍してくれた。

ダイマ時→電気技がボルトチェンジのみの搭載なので威力120となる。

かいでんぱは特殊ポケモンに対応させるために採用

役割対象)瞑想を積んでくるカプ・レヒレラプラスポリゴン2 特殊ダイマのターン枯らし

 Sは1上昇でエースバーン・アーゴヨン抜き。

 

ブリザポス

性格  意地っ張り

特性  しろのいななき

努力値  252-252-×-×-×-4

持ち物 とつげきチョッキ

技構成 つららばり

    ヘビーボンバー

    インファイト

    10万ばりき

 HAに振り切りました。

ダイマなし状態でウツロイドのメテオビーム確定耐え ※チョッキ着た状態で

B130 D110×1.5ということで後出し性能も高く

ヘビボンに載せたスチルや馬力に載せたアースで耐久を上げつつ、ブリザポスの特性しろのいななきでA1段階上げることができダイマ要因として活躍してくれた。

 

水ウーラオス

性格  意地っ張り

特性  不可視の拳

努力値 ×-252-4-×-×-252

持ち物 こだわり鉢巻

技構成 水流連打

    インファイト

    かみなりパンチ

    れいとうパンチ

 S10最終2位を取ったときと同じ意地鉢巻型

ジバコイル・サンダーからのボルチェンから繋げる高火力枠として採用。

水流連打→襷持ちのポケモン ウツロイド・エースバーン・悪ウーラオスなどを役割対象としていた。

サンダーの静電気麻痺の確率↑

ゴツゴツメット・てつのトゲに複数回触れるのでダメージが半分弱削れるなど欠点がある。

インファイトナットレイ確定1発

ウオノラゴン・ウーラオス等倍も落とせる火力。

かみなりパンチはギャラレヒレドヒド意識。

れいとうパンチは終盤多く見かけたカイリューランドロスガブリアス意識。

 

S13使ったポケモンのおまけ 

ナットレイ

性格  のんき

特性  てつのトゲ

努力値 252-×-252-×-4-×

持ち物 たべのこし

技構成 やどりぎのタネ

    ジャイロボール

    鉄壁

    ボディプレス

サンダー・エースバーン・両ウーラオスが使用率上位であり終盤戦においてメタを張られていることが多く感じたため解雇しました。

ウツロイドやウオノラゴンのストッパー。受けられる枠として採用していた。

 

悪ウーラオス

性格  意地っ張り・陽気

    個体を何度も変えて潜っていました

特性  不可視の拳

努力値 ×-252-4-×-×-252

持ち物 きあいのタスキ

技構成 あんこくきょうだ

    カウンター

    インファイト

    不意打ち

構築のコンセプトとして考えていた・初手ダイマ+タスキラオス+@1の軸を考えていた。

※カウンターの通りが悪く引き先としてレヒレが安定してしまった点で解雇しました。

陽気…ミミッキュやウーラオスミラー意識で最速

 

基本選出

ジバコイル+ウオノラゴン+ブリザポス

エースバーン+ジバコイル+ウーラオス

サンダー+ウオノラゴン+ブリザポスなど…

 

この6匹で重たかったポケモン

レジエレキ 電気の一貫が切れてなくブリザポスなどで対面合わせてもボルチェンなどで逃げられてしまう点

上位帯にいないため対策はエレキは切ってました

ラグラージ ラグラージを1発で落とせられる技を採用していないためステロ・あくびと最低限の仕事をさせてしまう点

その他…

 

感想

最終日2100到達・2時時点までは2位と好調でしたが最後の最後まで勝ち切ることが出来ませんでした。

とても悔しいシーズンになりました。

このシリーズルールは残り1シーズンとなりますが最終1ページを目標に頑張ります。

構築記事最後まで閲覧して頂きありがとうございました。

 

何かご質問があれば

Twitter  ゆうと(yutopoke0715)

こちらのフォローも宜しければお願い致します